ラクビは妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?【副作用の危険性は?】

ラクビ妊娠中

最近メディア等でも注目を集めている腸内フローラ

その腸内フローラを整えてくれる働きをしてくれるのが腸内フローラサポートサプリのラクビです。

妊娠中・授乳中にラクビは摂取しないほうが良いのでしょうか?

ラクビに配合されている成分をチェックしてみると、

  • 酪酸菌
  • オリゴ糖
  • サラシア
  • ビフィズス菌B3

といったダイエットに有効な成分が豊富に含まれています。

したがって、ふつうの方がダイエットを目的に使用した場合、高い効果を発揮していることが口コミを中心に判明しているのですが、妊婦さんや授乳中の方でも使用して大丈夫なのでしょうか?

ラクビに配合されているサラシアという成分に問題があって危険という情報も?

その理由についてご紹介していきます。

ラクビは妊娠中・授乳中でも使用して大丈夫?

ラクビ妊娠中

配合されている成分や使用者の口コミを調べてみたところ、「使用しないほうがいい」という情報と「使用しても問題がない。」という情報の両方が混在していました。

使用しないほうがいいという口コミの中には流産の確率が上がるといった内容のものもありました。

したがって念のため使用は控えたほうが良いでしょう。

サラシアって成分は副作用の危険性あり?

ラクビ妊娠中

ラクビに配合されているサラシアという成分ですが、サラシアは妊娠中や授乳中の女性は摂取しないほうが良い成分です。

したがって、医薬品ではなくサプリメントであるラクビは基本的には、副作用などは起こりえないはずです。

しかし、万が一のことを考えて妊娠中や授乳中の摂取は控えた方が良いでしょう。

まとめ

サプリメントは、基本的に妊娠中や授乳中の方を対象に作られていません。

妊娠中は、身体の状態が不安定になりやすくいろんな刺激に敏感になりがちです。

ラクビを使用する場合は、まずはかかりつけのお医者さんに相談をしてみた上で使用するか決めてください。

ラクビの口コミや効果についてはこちら

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)