ラミューテVSビーグレン口コミ比較【しみ・大人ニキビ効果なし?】

ビーグレンVSラミューテ

大人ニキビに効果があると言われている化粧品と言えば、ラミューテビーグレン

この二つの化粧品のうち、どちらのほうがよりニキビに効くのでしょうか?

それはやはり実際に使って試してみないとわからないですよね。

そこでラミューテとビーグレン、それぞれを実際に使ってみて比較検証しました。

どちらも良いものなのですが、もちろんどちらにもメリット・デメリットはあります。

どちらが自分に合った化粧品なのか、今回、実証したそれぞれの結果と価格などを比べてみて、自分に合った方の化粧品を選んでください。

ラミューテとビーグレンの商品詳細

まずはラミューテとビーグレン、それぞれの商品情報についてまとめてみました。

ラミューテの特徴は?

価格 容量肌質
初回購入 9,234円
現品価格 18,468円
  • 洗顔料120g
  • 化粧水100ml
  • 美容液30g
  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • 混合肌
  • ダマスクローズの良い香り
  • ホルモンバランスを整えてくれる
  • 古い角質や皮脂を落とす
  • 無添加なのでお肌にやさしい
  • 贅沢な潤い成分配合
  • ニキビの赤みや色素沈着にも効く
  • お肌のキメを細かくし、ハリや毛穴汚れにも効く

ビーグレンの特徴は?

価格 容量肌質
お試し 1,944円
現品価格 18,360円
  • 洗顔料150g
  • 化粧水150ml
  • 美容液15ml
  • ゲル30g
  • 普通肌
  • 脂性肌
  • 混合肌
  • 高濃度ピュアビタミンC配合
  • 肌に優しいクレイ洗顔
  • ニキビ跡・赤み・色素沈着にも
  • 余分な皮脂を落とす
  • 重度のニキビに有効
  • ニキビ跡・赤み・色素沈着にも
  • 毛穴の引き締め、ハリを与える

ラミューテとビーグレンのメリットと使い心地は?

ラミューテのメリットと使い心地

ラミューテのメリットは「女性ホルモンを整えてくれる」ことです。

とりわけ20代半ばから低下してくるのが女性ホルモンですが、それを整えてくれるおかげで、衰えたターンオーバーを促進してくれます。

するとニキビの治りも早くなります。

 そして、配合成分には次の3種類の潤い成分

  • セラミド
  • ナノヒアルロン酸
  • ナノコラーゲン

や次の2種類のエイジングケア成分が配合されています。

  • プラセンタ
  • ヘキサペプチド-3

逆に

  • パラベン
  • 鉱物油
  • アルコール石油系合成界面活性剤
  • 合成着色料

はすべて不使用で、お肌に優しく、ニキビケアだけでなくお肌のきめも整います。

また、毛穴の汚れもなくなるという効果も感じられ、使い心地は抜群です。

ラミューテのまとめ

ラミューテは保湿力が高いので、乾燥肌や敏感肌には効果的です。

そして、エイジングケア効果もあり、洗顔料は古い角質と皮脂を取り除いてくれます。

だんだん衰えてくる女性ホルモンを整えてくれるので20代後半~40代の女性にとって、とても使い心地の良いニキビケア化粧品だと言えます。

→ラミューテ美肌セットの詳細はこちら

ビーグレンのメリットと使い心地

ビーグレンのメリットは

「高濃度のピュアビタミンCが配合」

されているという点です。


このビタミンCは、ニキビに効果があるビタミンC誘導体よりも高濃度で、ニキビだけでなくニキビ跡や赤身色素沈着にも高い効果があり、ニキビ跡も気になるという方にもオススメです。

界面活性剤を使用していないため、刺激は少なく、洗顔料が毛穴の奥の汚れや余分な皮脂を取り除いてくれます。

美容液なら高濃度のピュアビタミンCの効果で、使用後は顔がポカポカしてきます。

ビタミンCが肌に合わない方には向いていませんが、ニキビへの効果は高く、顔全体にニキビができてしまったひどい場合には是非ビーグレンの使用をお勧めします。

使い心地はラミューテに比べるとやや落ちるかもしれません。

ビーグレンのまとめ

ビーグレンはお肌の余分な汚れを落とし、保湿してその後のお肌を守ってくれます。

そして、高濃度ピュアビタミンCが20代の脂性肌やニキビ跡、赤み、色素沈着などに効果的と言えます。

ただ、やはりビタミンCが高濃度だけにお肌に合わないこともあるかもしれませんので、まずはトライアルキットで試されたほうが良いかと思います。

→ビーグレンのトライアルキットの詳細はこちら 

ラミューテとビーグレン比較検証結果

lamute

結論から先に言うと、ラミューテのほうが良いと思います。

もちろん、ビーグレンもラミューテ同様ニキビケアに適したとても良い化粧品だと思いますし、今後肌質や年齢によっても変わってくるとは思いますが、今のところラミューテが総合的に良いのではないかと思います。

ラミューテを選んだ理由

shutterstock_529327474

ラミューテのほうがビーグレンより良いと思ったのは次の3つの理由からです。

  1. 毛穴汚れがなくなり、お肌の決めが整う。
  2. 刺激がなく、お肌に優しい。
  3. 初回は現品が半額。

それぞれ順番に説明していきます。

毛穴汚れがなくなり、お肌のキメが整う。

ラミューテを使い始めてすぐに、肌のトーンが明るくなった気がして、お肌の調子が良くなっているのがわかりました。

さらに、お肌のキメが細かくなり、ふっくらとした肌になってきたのを感じました。

肝心のニキビケアも上手くいっているようで、ラミューテを使ってからはニキビもできにくく、また治りやすくなりました。

洗顔料が毛穴の奥まで洗い流してくれ、古くなった角質や皮脂汚れを落としてくれているのだと思いますが、1ヵ月くらい経った頃には毛穴の汚れがなくなってきたのは感激でした。

刺激がなく、お肌に優しい。

shutterstock_328811051

私は化粧水を変えるとピリピリと刺激を感じる敏感肌なのですが、このラミューテの化粧品は

  • 合成着色料フリー
  • パラベンフリー
  • 鉱物油フリー
  • アルコールフリー
  • 石油系合成界面活性剤フリー

なので、お肌に優しく、特に刺激を感じることはありませんでした。

ニキビケアの化粧品の中には刺激が強いものや、逆にさっぱりしすぎで乾燥してしまうものがありますが、このラミューテなら、潤い保湿成分がたっぷりと配合されているので、お肌は潤い、敏感肌でも刺激は感じないでしょう。

初回は現品が半額。

実はこのラミューテにはトライアルキットがありません。(それだけ製造元が自信を持って作った化粧品なのでしょう。)

しかし、ラミューテは

初回に限り、半額の9,234円

で現品を購入することができます。

ですから、少々高価な現品をお得に購入することができ、かつ、

180日間の返金保証期間がある

ので、半年は毎日使用してじっくりとその効果の表れようを実感していくことができます。

実際、上記のとおり私は1ヵ月ぐらい使ってみて、毛穴汚れが落ちるのを感じました。

以上の3つの理由から私にはラミューテの方が良いと思いました。

ビーグレンに関しては、他のニキビケア商品と比べると、高濃度のピュアビタミンCでのニキビケアに効果を感じることはできます。

悪くはないと思うのですが、ラミューテと比べてしまうと、総合的にラミューテの方が勝っているように思いました。

→ラミューテの口コミや効果について

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)